事業部紹介

ヒット商品が生まれた理由 ひらめきをカタチにする、経験と実績の集大成

「生梅飴」「北海道ソフト」など、リボンには長年にわたって愛されつづけているロングセラー商品があります。
これらのヒット商品が生まれた背景には、綿密な市場調査やアンケート調査に始まって、原材料への徹底したこだわり、新素材の開発、さらには度重なる試作といった、経験と実績に支えられた各部門それぞれの努力が積み重ねられています。
まず私たちも一人の消費者として、日常生活のなかで感じたひらめきやアイデアを客観的に分析し、各部門が同じ立場で協力、触発しあうことで、より大きな創造力を育む。リボンの商品には「おいしさ」に挑戦する社員一人ひとりの熱い思いが結集されているのです。

市場調査から品質管理まで、それぞれに情熱を注ぐエキスパートたち

マーケティング部

市場の動向をリアルタイムにキャッチし、魅力的なリボン製品を開発するのがマーケティング部の仕事です。たとえば、新製品の開発では、ネーミングやパッケージデザインの立案、販売キャンペーンの企画や、製品イメージを具体的にカタチにし、リボン製品のおいしさにふさわしい原材料の開発や改良、試作までを一貫して行い、商品が誕生して市場でひとり歩きするまでの過程をトータルに展開。消費者ニーズをきめ細かく分析、把握し、現行商品に対しても見直しを図るなど、常に多角的な視点から市場を見つめた商品開発に取り組んでいます。

company_photo03.jpgcompany_photo04.jpg

営業部

company_photo05.jpgcompany_photo06.jpg

いわばリボンの顔として、流通の最前線で活躍しているのが営業部スタッフ。販売の現場から与えられた要望に応えるだけでなく、自ら市場ニーズを察知して積極的に商品企画を展開していく提案型の営業を目指し、商品企画開発部との協同体制で販路拡大に取り組んでいます。流通の現場と消費者に最も近い部門として、大きな役割を担っています。

海外事業室

現在リボンは、世界でも最大の生産地であり消費地でもある中国に工場を設立し、海外進出の基盤を固めています。また販路も中国をはじめ台湾、香港などのアジア各国からアメリカ、オーストラリアまで拡がり、リボンテイストは着実に世界へ向けて歩みはじめました。海外事業室ではリボン製品の輸出はもとより、近い将来には海外の良い商品を日本の消費者へ届けるための輸入も計画し、まさにグローバルな海外展開を進行しています。

company_photo07.jpg

品質管理部

company_photo08.jpg

次から次へと生み出されるリボンテイスト。その品質を徹底的にチェックし、リボンのブランドネームを守っているのが品質管理部です。各工場でつくられた製品一つひとつを、高精度な機器と人の目で入念に検査、検品し、市場へ送り出すこの部門は、いわばリボンのホームドクター。「品質第一主義」を掲げるリボンの要です。

▲ページTOPへもどる

生産ライン

さまざまなおいしさをつくりだす、高度な生産ライン。 先進のシステムとラインがかなえる、 充実の生産体制

お客様のニーズに応えたタイムリーな商品の実現は、市場への導入がスピーディーにできてこそかなえられるもの。リボンでは、生産機能を確実にグレードアップするオートメーション化を進め、生産力、品質・衛生管理、応用力などに優れた製造体制を確立しています。スピーディー&ローコストを実現した先進のシステムが、多彩に変化するお客様のニーズに柔軟に対応します。

キャンディ製造ライン

company_img05.jpg

ドーナツ製造ライン

company_img06.jpg

ゼリー製造ライン

company_img07.jpg

▲ページTOPへもどる